なごみ便り

伊香保温泉や、旅館の事などを綴った女将のブログです。

ここはオーモリのいわば茶の間、気がねなく思いのままにお過ごしください。

〜おかみと歩く夜の伊香保ワクワク体験〜 最終回

9月25日(日)に実施されたワクワク体験は、私と
秀水園さんが担当でした。

20時、ちょうちん片手のお客様と一緒に、浴衣姿で、
「石段街ポケットパーク」を出発。
女将がご案内する「夜のまち歩き」今夜が最終日です。

     女将と歩く夜の伊香保ワクワク体験最終回.jpg

神社下に飾られた「灯ろう」の優しい明かりに迎えられ、
伊香保神社まで足を延ばして、しっかりとお参り、夜の
石段街の風情をお楽しみいただきました。

最後にいただく「楽しかった」の一言を、いつも嬉しく
思っております。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今年予定していた4回のうち、2回は雨で中止となって
しまい、お申し込みをいただいていたお客様には、本当
に申し訳ございませんでした。
来年も、お会いできることを楽しみにしております。

またのお越しを、心よりお待ち申し上げております。


伊香保まつり 無事千秋楽

台風16号通過のその時、伊香保神社にこのまつりを
司る若連の、神輿が奉納されました。
毎年の事ですが、感激のひと時。
「うちの息子も早く帰って来れば良いのに」
同級生の活躍に、つぶやきました。

99287BF2-EF23-4381-A5B9-FEF91A7EF4D9.jpg   25C5FF08-6DED-4795-BB24-02539A1B01FA.jpg   A85F16B7-E05B-4241-B1E8-DE84C1A28483.jpg

伊香保まつり『輪おどり』本番前の練習 記憶が・・・

9月19日(月)、伊香保まつり2日目。
初日の18日は、伊香保にゆかりのある明治の
文豪「徳冨蘆花」さんの命日。
蘆花さんの「追悼茶会」と「追悼式」のほか、
恵みのいで湯に感謝しての「湯くみ式」、「分湯式」
といった神事が執り行われ、私たちも参加させて
いただきました。
本当は「湯くみ式」の後、「湯くみ行列」で行進
する予定でしたが、雨の為、中止となってしまいました。

2日目は、いよいよ私たちの出番である「輪おどり」
だったのですが…、やはり生憎の雨。
盆踊りと言った方が、分かりやすいかもしれませんね。

   伊香保まつり輪おどり.jpg

本神輿の出発を見届けた後、控室で本番に向けての「特訓」。
1年ぶりの踊り、記憶を蘇らせる為に、みんなで練習しました。
しかし雨は止まず、本番で「特訓」の成果を披露する
ことはできませんでしたが、なんだかんだと踊れるよう
になり、みんな満面の笑顔。

最終日、みなさまと一緒に踊り、ご披露できることを祈ります。
「伊香保まつり」の控えめな一場面でした。

雨の中、伊香保まつり 本神輿

毎年9月18.19.20日は、ご存知、『伊香保まつり』
今日は年に一度の本神輿の渡御が、行われ
伊香保に本格的な秋の訪れの合図でもあります。
一日中雨に見舞われる事は、今迄そうはなく
少し残念に雨空をあおいでいました。

でも…
夏のハワイアンフェスティバルの時に やはり、パレードタイム
に雨に見舞われ、落胆している伊香保スタッフに、
「雨は神からの祝福」と、雨を喜び踊りを
心から楽しむ様を見せてもらったとの話を聞き
心の持ちようで、自分ばかりか、周りも幸せになれる
そんな、魔法を教えてもらいました。

かなりの降りの中、何の養生もせず、かつがれる
本神輿に、伊香保まつりを守る方々の心意気と粋さに
感激。
そんな余韻の中、私たちお香女会も、輪踊り練習に
汗するのでした💦

097EBCDE-D99B-4EB7-BFC4-1A09EAB16732.jpg

伊香保まつり 〜石段街を御輿が練り歩く〜

伊香保温泉では、毎年9月18〜20日に『伊香保まつり』
が開催されます。

当地ゆかりの文豪「徳冨蘆花」(代表作:不如帰等)の
業績を称えた「蘆花祭」(9月18日)と上野国三之宮伊
香保神社の「例大祭」(9月19・20日)を総じて『伊香
保まつり』と呼んでいます。

     伊香保まつり4.jpg

9月18日は「徳冨蘆花」の命日で、追悼式典を執り行う
とともに、温泉に感謝しての湯くみ式、分湯式などの
神事と湯くみ行列が行われ、19・20日は、伊香保神社
の本御輿(19日のみ町内渡御)を始め、10数基の樽み
こしや山車が温泉街に繰り出し、夜には石段街を伊香
保神社まで練り上がります。明治以前より続けられて
いる伝統的なお祭で、激しいお祭としても知られてい
ます。

【お問い合わせ】
  伊香保まつり実行委員会
   (しぶかわ商工会伊香保支所内) 
  TEL 0279-72-3588

※皆さん、是非ご覧になって下さい。


東端 哉子展 始まります

花師の宗操さんのご縁で京都の画家さん
東端 哉子さんと出会って、もう8年くらいになるかなぁ
宗操さんのお宅にある、「蓮」の油絵がとても素敵で
絵心のない私も、「癒される」と、よく眺めさせて
もらっていました。
そんな彼女と縁あって、今回はお仲間の宿
千明仁泉亭さんと、ホテル木暮さんとともに
個展を開いていただくことになりました。
炭師の原先生の備長炭
山野草樹脂粘土と書 奥泉先生
吹きガラスの勝野好則さん 花師、宗操さんの生花
狭い館内ですが、お気軽に覗きに来てください。
私もお仲間の宿へ、お邪魔させて頂きマァース

157D62A4-453E-46E1-B2D2-006430BF7461.jpg   563BAFCE-0A09-417D-B744-313918FB8DD5.jpg



本日のワークショップ!!

毎月1度のオーモリ・ワークショップ
本日は秋の大福作り「巨峰・梨」
巨峰は、うちの親戚の榛東ぶどう郷「宝ぶどう園」
直送!!
いつも参加してくださる、羽鳥さんとみやちゃんが
女子トークを交えながら!美味しいひと時を過ごしま
した。(決して男子禁制ではありません)
飯塚裕子先生は、日頃の粘土細工の素地が功して
すぐさま、販売したくなる出来!!
みやちゃんは、大きくなる傾向。羽鳥さんのしのちゃ
んは、薄皮で豆大福感満載。
ざっと1時間弱で仕上がりました。
製作後は、みんなで「いっただきまぁーす!」
楽しいコーヒータイムも出来ました。

47154BAE-6EEA-4AA8-86EE-D489CA53BE96.jpg   4EB85B57-3359-45A3-B556-909947526F4E.jpg   187E7003-2F8A-4FDC-B986-1E510E227B85.jpg


ワークショップ~9月

8月は、お休みを頂いておりましたワークショップですが、
9月は春の苺大福作りに味をしめ、「秋の大福」
と、名をうち、巨峰と梨、秋の大福作りを致します。
本日、飯塚裕子さんと、リハーサル⁉️を致しまして
コツも取得し、11日が、楽しみ😁
是非みなさん、お出かけください。
1時からでーす。

26FD4601-1C0C-4E17-BEC4-F9FBC16902CB.jpg

一寸、ご存知ですか?


毎月、母と東村山の整体師の先生にお世話になりに
行かせてもらっています。
先生とは健康のお話や、様々な豆知識、おもしろ話
などなど、心も軽くして頂き、帰ってきます。
今日の「へーっ」話は、auの「一寸」!
先生の甥っ子さんだってこと!
ご親戚の結婚式で会われて「どこかで見た顔…」と
思っていたら…
今、雷おこし食べちゃって小さくなってしまいました
が、私の中では、存在が大きくなりました😊

私の幼なじみのお店です


昔から、賑やかで「華」のある彼女が、美容師さんに
なって、高崎、前橋で店舗を広げ活躍しているのを
同窓会の時に聞き、バイタリティのある姿に良い刺激
を、受けていました。
先日、渋川にもお店をオープンされたと伺い、夏の
忙しさもちょいと落ち着き、今日、キレイキレイに
お邪魔させていただきました。
年齢的にも、抜け毛や白髪が気になり、相談をすると
彼女のお店の特徴でもある、「スチーム」パーマや
髪染めを、おすすめ頂き、おおよそ2時間半‼️
ものすごーく、気持ち良いのと、お髪が、膨らんだ感
満載で、誰かに伝えたくて🌟
お髪の、トラブルやチャレンジ心は、絶えることなく
彼女曰く「諦めていない50代」のお客様がターゲット
と。よし!諦めないぞ👍18C91BAD-C54E-4476-B4D4-E4D04D1E941C.jpg

渋川ベイシアすぐ、隣。
オーモリの女将に聞いたと、お話しくだされば
「あーそうなんだ」と、笑顔で迎えてくれますよ
伊香保温泉/和心の宿 オーモリ

伊香保温泉/和心の宿 オーモリ

〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保58

TEL0279-72-2611(代) FAX0279-72-2651