なごみ便り

伊香保温泉や、旅館の事などを綴った女将のブログです。

ここはオーモリのいわば茶の間、気がねなく思いのままにお過ごしください。

恒例!私の実家の新年会!

父が天国へたび立ち、4回目のお正月。
結婚して、毎年新年会には主人共々里帰りをさせてもらって
いました。
記念写真なんて撮ったことなどなかったけれど、父がいなく
なってからは、毎年父の写真と一緒に写真を撮ることが、乾
杯前の恒例になりました。
なぜか・・・一昨年から「かぶりもの」がイベントとなり、
一昨年は『かえる』昨年は『ブタ』今年は『卯年』にちなみ
バニーちゃん。


P1030643.JPG


高1と小6の甥っ子は、すぐに撮影後耳とリボンを外しまし
たが、主人も兄もまんざらではないようで、水割り片手に・
・・こんな格好!


P1030645.JPG


今年も楽しくなりそうです。
一番、ノリノリなのは、?


そう、息子の携帯待ち受けにも候補に上がっている、ポーズ
を決めてる母です。



一年間、ありがとうございました。

今年最後のお仕事です。
今日は懐かしいお顔を拝見できたり、今まで二人三脚で年越しをしてきた叔母が引退をし初めての
お正月準備だったり・・・思いは様々。

皆様、良い年をお迎えくださいませ。

指折り数えて・・・

子どもの頃、窓にサンタさんへのお願いを貼ってクリスマスが
くるのをとっても楽しみに待っていました。
そんな思いも大人になると日々の忙しさに、また新年の準備に
と、あせてしまって・・・
『クリスマスなんて・・』とか言っちゃって!
でも、先日お知り合いの方から、12月1日から1つづつ日付
のところを開けて、中に入っているチョコレートを頂く、素敵
な贈り物をいただきました!


クリスマス2010.JPG


一日ひと扉。何か子どもの頃の楽しみ感を思い出したりして・
・・・・・
いいな、こんな気持ち。


みなさんも、素敵なクリスマスをお迎えしてください。


お寒くなって参りました。

今年は秋が長く感じていた今日この頃ですが・・・
今日は玄関先にも霜が降り、本格的な冬となりました。


そんな中、先日、オーモリ前に佇む秋葉神社の秋の例大
祭も行われました。


水車小屋.JPG


当館の玄関先に鎮座するおきつねさんのもみちゃん達も
冬支度。
み〜んながカゼを引かないよう、心も懐もあったかでい
られますよう!?
願をかけながら。



ほいっ!おみやげだよ!

朝のお散歩から戻られた旦那さん衆。
「おかえりなさいませ〜」と駆け寄る私に
「ほいっ!おみやげだよ!」と、かわいい
もみじの束。


落ち葉.JPG


とっても意外で、とっても嬉しかった。
胸キュンの一瞬でした。

今日は毎年恒例の「渋女の榛名登山」の日です。

晴天に恵まれ、今日は私の母校、渋川女子高校の毎年恒例「渋女の榛名
登山」の日です。
先程、先頭グループが、元気に当館の前の道を通り過ぎて行きました。


渋女榛名登山3.JPG 渋女榛名登山2.JPG

当館も看板を出して応援中!!


渋女榛名登山1.JPG


後輩の皆さん、榛名湖を目指してがんばれー・・・・・。


咲いた,咲いた −冬ー

「垣根の垣根の曲がり角・・・」幼い頃、大きな声で歌っていたな・・

玄関先の山茶花が、咲きました。
もう、10年になりますが、ロビーを改装した折に植栽をした10本。
雪を溶かす『塩カル』を冬場撒くので、その影響で1本、枯れてしまい
残念に思っておりましたが、自然界の力はすばらしく、芽吹きの頃には
しっかりと枯れたと思っていた木から、新芽が出て、少々小ぶりではあ
りますが、山茶花の垣根の一員を果たしてくれています。


P1030023.JPG


その山茶花たちの群れ(笑)にも、それぞれ違いがあって、たくさん蕾
をつけているもの、葉の大きさが著しく大きいもの、全く蕾のないもの
など、など・・・人間界と同じだな・・・
もう、お亡くなりになってしまいましたが、詩人の金子みすずさんが
「みんな違って、みんないい」て言ってた。
ほんと、みんないいんですよね。


文学の秋・・から冬へ
おもいは深まりますな・・・

おひなさま

館内に桃色のあしらいが増す、今日この頃。
立春を過ぎれば、そう、ひなまつり。
毎年、少しずつ雛たちを増やしながらお祝いをしています。

hinamaturi2009.JPG


今年の恒例「石段ひなまつり」は3月7.8日。
この春、小学校に上がるお子さん方対象の思い出づくりに一役と
いったところですが、本人よりもパパ、ママ、おじいちゃま、お
ばあちゃまの加熱ぶりがより、思い出深いようです。
今から、12年前、「石段ひなまつり」に参加をさせていただいた
うちの崇馬もこの春、家から離れて大学生活をおくる予定です。
どの春も、子どもの健やかな成長を祈るばかりです。

こんな暮らしをいつかはしたいの図

明日は『立春』
日ごとに温かくなる頃・・・
各家々から、『鬼は外、福は内』の声が聞こえて、お母さんが「さあ
お兄ちゃん、うちもやらないと」と、兄のお尻をたたく・・・が私の幼い
頃の思い出です。そんな事を思い出しながら、館内の飾りつけをして
おります。
そんな中、フロントカウンター前のこの小鬼。
飾るたびに『お気楽なヤツだな』と少々冷ややかに見ていたものの
今年は、何だか・・・左手に打ち出の小槌、口元は微笑んで、
おなかポッコリ裕福そうで、憧れにも似た、いとおしい気持ちになっ
てきました。私もいつかは、こんな風に立春を迎えたいものです。


oni.JPG



小鬼くんが「まだまだ、修行が足んないぜ」って言ってる気がする

カサ、カサ、カサ

出勤をする際、日ごとに足に纏わりつく木の葉が増えてきました。
空は澄みきって、良い頃なのにどことなく寂しい気配を感じます。
秋って、そうなんですよね・・・


ochiba2008.JPG


お話変わって、先日の日本テレビの放映はご覧いただきましたでしょ
うか?いままで、時折テレビに出させていただきましたが、今回が
一番、反響をいただけまして、おかげさまで、日帰りのお客様も
お泊りのお客様もグッと増えていただけました。ありがとうございま
す。もみじもより、色づき秋、本番です。

祝・成人

今年も、ピカピカの成人の皆さん、誕生。
おめでとうございます。

私の成人式って・・・
夕べ、ふと、想いを馳せてしまいました。
『仲良しの、早苗ちゃんといっぱい写真撮って、お互いなぜか
照れてた気がしたな・・・
親戚のお家に、ご挨拶に廻りながら、両親が七五三の時のように
足元や着物の袂を気遣ってくれたっけ。
・・結婚式の時も似た雰囲気あったかな・・』なーんて、かなり
想いは広がったりしました。

自分のことを,そう言うのも変ですが・・・
大切に育てていただいたんだな・・とあらためて感謝しています。

お父さん・お母さん・ありがとう。

第一号到着

 みーん、みーん・・・セミも、まだまだ元気よくないています。                                       
各地で、最高気温が観測され、そんなニュースを聞くたびに
何か自然界から、戒められているようで、ドキドキしてしまいます。

そんな中、昨日、お客様お見送りの折、ついに、
彼がやってきました。
・・・彼の名は・・・・そう、赤とんぼ君。
ギラギラの陽ざしの中、ちゃっかり飛んできちゃった感じで
するりと玄関を、通りすぎていきました。
もう、次の季節の準備なのかなと、彼を見送りながら
時の流れの速さを感じたりしちゃいました。
彼を見つけたことを、早くお伝えしたくて・・・

残暑お見舞い申し上げます合格

今年もホオズキの季節に

今年もホオズキの季節になりました。
玄関先に竹の棒に吊るして飾りました。ご来館のお客様が、
「あっ、今年もホオズキの季節になったね」とお言葉をかけて
下さいます。
        
    ホオズキ1


総支配人は、ホオズキのことをホウズキと言っておりました。
インターネットで調べてみると

ホオズキは多年草で、草丈は60〜80cm位になり、淡い黄色
の花が咲くのは6月〜7月ころ。この開花時期にあわせて日本
各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開
かれる浅草浅草寺のものは江戸時代から続いており、60万人
にのぼる人手がある有名なものである。(Wikipediaより引用)

やはり、ホオズキでOKとのことでした。
雨の日の夕方に撮影しましたホオズキです。ご覧下さい。
      
    ホオズキ2

小野池あじさい公園のあじさい

渋川市街地から伊香保温泉への途中に、渋川市の花
「アジサイ」が約8000株植えられている「小野池あじさ
い公園」があります。
花期は6月下旬から7月中旬で、シーズン中は、ライト
アップを行い
、幻想的な夜のあじさいも楽しめます。      
伊香保温泉への行き帰りにご覧になってはいかがでし
ょうか。

小野池のあじさい1
小野池のあじさい2

灯りをつけましょ ぼんぼりに・・・

いつもより、ほんっとっ暖かな今日この頃・・・
館内、お雛様を飾ってみました。
玄関先に飾る時って、手先をはーはーあたためながら
だったのに何か変?
でも・・・どこかうきうきしちゃう。
「おかげさん」の額下には、総支配人のお嬢さんに
お借りした何ともふくよかなお顔のお内裏様とお雛様。

お雛様3


カウンター前には主人が息子を産んだ時、記念にと
プレゼントしてくれた立ち雛。

お雛様2


囲炉裏横には、いとこが46年前のものを
「旅館ならたくさんの人に見てもらえるから」と
譲って下さったガラスケースの5段飾り。

お雛様1


7階廊下には、姉がお知りあいの染物作家の方から
いただいた、木額入りの染め雛。
ひとつ、ひとつに、色々な想いと、思い出があふれて
やっぱり、お雛飾りっていいですよね。
今年も、もひとつ出会えたらいいな―  

そして・・・伊香保恒例、石段ひなまつり
3月3日(土)・4日(日)と開催されます。
是非、お出かけください。

鬼は外、福は内

2月3日は節分。
「鬼は外、福は内」・・・幼い頃から耳慣れたフレーズですよね。
この掛け声と共に、雪が緩むような新しい何かがはじまる
気分になります。
ヒイラギの葉に鰯の頭を刺して、玄関先に飾ったり
歳の数だけ、まいた豆を食べたり


節分2007年



色々な決め事が有りますが、みーんな理由があってのこと。
ヒイラギの件は、季節の分け目には昔から鬼や妖怪などの
悪霊が集まり疫病や災いをもたらすと言われていて
その鬼達を炒った豆 <生より固い>で追い払い
トゲトゲもあり毒草でもあるヒイラギと
生臭い鰯の頭を玄関に、軒先に飾るのだそうです。
歳の数の豆は、鬼達に勝つ為の体力をつくる為。
・・・昔の人って凄いよな・・・


節分2007年


豆を打つではなく、まくって言うのは農作業の種まきから
来ているんだそうで、豊作への願いもこめての表現。
なにか、鬼へのやさしさみたいなものも
感じちゃいました。

ちょっぴり頭が良くなった気分です。

もうすぐ冬至です。

「もうすぐ冬至だけど、柚子いらねん?」と
藤岡の片山父さんからの上州弁丸出しのお誘いの電話。
「いる、いる」と二つ返事でおじゃまさせていただきました。

柚子1


       白菜


籠にたくさんの、いい香りの柚子。
ぽてっとしたよく見かける柚子と、小さくて硬い柚子。
父さんいわく、小さいのは「はな柚子」といってお風呂に
浮かばせるのに適しているのだそうです。
柚子のお里も写真にとお邪魔すると、地主さんご夫妻も
歓迎してくださって、ご自慢の無農薬畑を案内してくださいました。

柚子2
柚子7


丸々としたブロッコリーや濃い緑のみず菜、そして、初めて見る
アスパラ菜。興味深々で早速おひたしでいただくと、甘くて
おいしいこと。

ブロッコリー
みず菜


白菜や大根もたくさんいただいて、お漬物にしました。
お正月に皆さんに食べていただけるかな・・・

柚子の木に、夏の名残・・・せみのつがいの抜け殻を発見。
自然のなせる業ってすごいですよね。

蝉


・・・柚子、冬至用におわけいたします。
どうぞ、お出かけくださいo(^▽^)o
伊香保温泉/和心の宿 オーモリ

伊香保温泉/和心の宿 オーモリ

〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保58

TEL0279-72-2611(代) FAX0279-72-2651